Alphabet Dictionary

37_BRFprtflo1.jpg
37_BRFprtflo2.jpg
11月7(金)~9日(日)、奈良・きたまちで行われたきたまちWeek会期中、TAMARIにて今回は新しいAlphabet Dictionary(アルファベット辞書)のシリーズより数点をピックアップ、展示いたしました。
会期終了後も引き続き店内にの一角に展示しています。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Alphabet Dictionary(アルファベット辞書)By Yuri Tamano
言語としての情報と〈自然との共存〉を根底に、
道徳性や普遍的テーマと環境問題を軸に選んだ言葉をテーマに、文字と絵が重なり合った
ドローイングのシリーズ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Continue Reading

ふたり展 “in situ”

25_IMG_5713.jpg
in situ
2013
とりおと
フランスを拠点に活躍するアーティスト・堀 浩子さんとの二人展、奈良県宇陀松山にて。
江戸時代から残る商家、元薬屋さんでの展示でした。
25_IMG_5767.jpg
25_IMG_5752.jpg
25_IMG_5674.jpg
25_IMG_5730.jpg
25_IMG_5675.jpg
25_IMG_5699.jpg
私は約3mの鏡に描いた絵と、木炭のドローイングを出品。
堀さんは立体感を持たした木版画を2点。
それぞれ5mほどの大きさはありましたが、光を通し、空気の流れで揺れる繊細さのあるものと、壁に這うように張られたものでした。
二つの版画は、どちらも吹き抜け部から上へと伸びていき、天井よりも高く、軽く、
床に配置した私の鏡は床よりも深く、重く。
二極に広るような展示となりました。
“in situ”- その場、(Latin)本来の場所にて
同じテーマの元、今年・秋にも彼女とふたり展をします。
こうご期待!

Continue Reading

Think of water. 1

23_IMG_5751.jpg
23_IMG_5749.jpg
(部分)
23_IMG_5704.jpg
377x455mm
760x1080mm
とりおと/奈良県宇陀市
2013年
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
オーストリア人の友人は、何年も前からシャワーや洗車に至まで、生活給水の制限について話していました。
2003年から2009年のたった6年の間に、中東地域では死海の大きさ程、144立方キロメートルの真水が失われたのだとか。
宇宙から見ると、地球には砂漠化による褐色の大地が広がり、かつてガガーリンが見た程の青さは失われているのだとか。
日本では土が露出していれば雑草が生え、雑木が育ち、森が育って、水を生む。
蛇口をひねればいつでも在り、真水に困らない生活をしていると、
それが貴重な事だなんて忘れてしまう。
空が広く、目の前には山が連なり、川が流れる宇陀の町では水の流れが全て見えて、
水への感謝も畏敬も全部、日常の中にしっかりと存在しているのではないかと思う。
過去に何度も起こっている水戦争が、この国ではまるで映画のよう。
この豊かな資源と土地を、当たり前と思っていてはいけないなぁと、
ガラス越しに豊かな自然と雨を眺め、丁寧に淹れられた珈琲を飲みながら思いました。

Continue Reading
1 2 3 5