FAVOURITES! at 阪急うめだ

35_1.jpg
事前の告知が全然できないまま。。
FAVOURITES! at 阪急うめだ、終了しました。
4月に船場のレコッコレにて開催したFAVOURITES!(フェイバリッツ!)、第二弾として今回は阪急うめだ本店にて開催。
「ロンドンに縁のある6人の女性アーティスト・バイヤーによる期間限定ショップ」と題して、アート×ハンドメイド×ヴィンテージの3ジャンルから集まりました。
どのアーティスト・ブランドもユニークで大胆で、ロンドンらしいエッジもちょっと効いていて、味わいがあって、他にはないアイテムぞろい。そんなショップになりました。
前回同様、TAMARI、Yuri tamano、Run rabbit run vintage、Antique L’armoire de TSUBAKI、Manami Hayasakiに加え、今回は福岡から二重人格クッションのnolumも参加。
また同期間、9F阪急祝祭広場では「英国フェア」も開催されていて、イギリスの名店が勢揃いでした。
お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。
TAMARIプレゼンツ
FAVOURITES! at阪急うめだ本店
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ロンドンに縁のある6人の女性作家による期間限定ショップ。
ART: 玉野由理、早崎真奈美、
HANDMADE: TAMARI、nolum
Vintage&Antique: Run rabbit run vintage、Antique L’armoire de TSUBAKI
10/8(水)~14(火)
at 阪急うめだ本店 10Fスーク ※最終日は17:00迄
35_6.JPG
35_2.jpg
35_3.jpg
35_5.jpg

Continue Reading

SAVVY / Nov.2014

34_1.jpg
34_2.jpg
SAVVY11月号の「買い物は個性派店主のいる店で」のコーナーに掲載していただきました。
もう恥ずかしいぐらいに笑っています。大人の微笑み、まだまだ出来そうにありません!
今回は奈良の特集ということで、奈良に住んでいる私も知らなかった隠れ家スポットや個性派ショップなどさまざまです。
こちら片手にぶらり散策、おすすめです〜。

Continue Reading

Yuri Tamano solo exhibition

28_3.jpg
個展のご案内です。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
森の肖像 | Portrait of the Forest
7月26日(土)ー8月10日(日)
12:00-19:00(水・木曜日休廊)
在廊日:7/26,27,8/2,3,9,10
■オープニングレセプション: 7月26日(土)18:00-20:00
この日は少し遅くまで。
軽食とお酒をご用意しています。お気軽にお立寄下さい。
皆様のお越しを、お待ちしております。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
GALERIE CINQ
630-8372 奈良市西寺林町28-6
Tel&Fax:0742-31-8029
http://cinqcinq.exblog.jp/
28.map.png
 

Continue Reading

Great seeing you again!

26_n2.JPG
26_n.jpg
自分の作品を、私以外の誰かがプライベートな空間に置いて下さるのって、
私の見たもの・考え・感じたものを共感してもらえるのって、
私と描いた対象物、私とその方と、その方と対象物の、最高のコミュニケーションであるように思います。
なのでそれが小さなポストカードでも、
「飾っています」
と聞くと、それはそれは嬉しい。
以前スタジオの一階にあるTAMARI shopにて、ポスターを購入頂いた方から写真を頂きました。

Continue Reading

ふたり展 “in situ”

25_IMG_5713.jpg
in situ
2013
とりおと
フランスを拠点に活躍するアーティスト・堀 浩子さんとの二人展、奈良県宇陀松山にて。
江戸時代から残る商家、元薬屋さんでの展示でした。
25_IMG_5767.jpg
25_IMG_5752.jpg
25_IMG_5674.jpg
25_IMG_5730.jpg
25_IMG_5675.jpg
25_IMG_5699.jpg
私は約3mの鏡に描いた絵と、木炭のドローイングを出品。
堀さんは立体感を持たした木版画を2点。
それぞれ5mほどの大きさはありましたが、光を通し、空気の流れで揺れる繊細さのあるものと、壁に這うように張られたものでした。
二つの版画は、どちらも吹き抜け部から上へと伸びていき、天井よりも高く、軽く、
床に配置した私の鏡は床よりも深く、重く。
二極に広るような展示となりました。
“in situ”- その場、(Latin)本来の場所にて
同じテーマの元、今年・秋にも彼女とふたり展をします。
こうご期待!

Continue Reading

Think of water. 1

23_IMG_5751.jpg
23_IMG_5749.jpg
(部分)
23_IMG_5704.jpg
377x455mm
760x1080mm
とりおと/奈良県宇陀市
2013年
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
オーストリア人の友人は、何年も前からシャワーや洗車に至まで、生活給水の制限について話していました。
2003年から2009年のたった6年の間に、中東地域では死海の大きさ程、144立方キロメートルの真水が失われたのだとか。
宇宙から見ると、地球には砂漠化による褐色の大地が広がり、かつてガガーリンが見た程の青さは失われているのだとか。
日本では土が露出していれば雑草が生え、雑木が育ち、森が育って、水を生む。
蛇口をひねればいつでも在り、真水に困らない生活をしていると、
それが貴重な事だなんて忘れてしまう。
空が広く、目の前には山が連なり、川が流れる宇陀の町では水の流れが全て見えて、
水への感謝も畏敬も全部、日常の中にしっかりと存在しているのではないかと思う。
過去に何度も起こっている水戦争が、この国ではまるで映画のよう。
この豊かな資源と土地を、当たり前と思っていてはいけないなぁと、
ガラス越しに豊かな自然と雨を眺め、丁寧に淹れられた珈琲を飲みながら思いました。

Continue Reading